The Long Tweets

ただ長いツイート。

USB接続 シリアル ループバック デバイス UUL-01 サポートページ

はじめに

このページは,Guri-TechのUSB接続 シリアル ループバック デバイス 「UUL-01」のサポートページです。

本品の概要

本品は,パソコンのUSBポートに接続することで,2つのシリアルポート(WindowsではCOMポート)として認識され,片方のシリアルポートに対してデータや文字列を送信すると,もう片方のシリアルポートから受信できる,ループバックデバイスです。

Arduinoなどのマイコンとシリアル通信をするソフトウェアを開発するときに,自分が開発したソフトウェアが送信するデータが正しいかどうか,また逆に受信したデータを正しく処理できているかどうかを,同じパソコンのターミナルソフト(Tera Termなど)で確認するのに便利です。

写真

f:id:gurigoroblog:20200629225246j:plain
f:id:gurigoroblog:20200629225339j:plain
f:id:gurigoroblog:20200629225337j:plain
本体とパッケージの写真

 仕様

  • 使用IC: Cypress社 CY7C65215
  • 結線: TXD⇔RXD,RTSCTS,DTR⇔DSR
  • 対応ボーレート: 100~1,000,000(1M)
  • 対応データ幅: 7bit,8bit
  • 対応ストップビット: 1bit,2bit
  • 対応パリティ: None,Odd,Even,Mark,Space
  • バッファ: ポート毎,TX・RXそれぞれ256Byte

注意事項

  • 多くの環境では,パソコンのUSBポートに接続するだけですぐに利用できます。
  • Windowsでは,COMポートとして認識されます。また,macOSLinuxなどでは,キャラクタデバイスとして認識され,/dev下にデバイスファイルとして見えます。
  • Windowsで本品を認識できない場合は,以下のページより,ドライバをインストールしてください。macOSLinuxでは,OS標準のドライバを使用します。
    https://www.cypress.com/documentation/software-and-drivers/usb-serial-software-development-kit
  • 2ポートのTXD⇔RXD,RTSCTS,DTR⇔DSRを電気的に直結しています。それぞれのポートの設定が一致していないと,正しく通信できません。
  • 出荷前に全数の動作テストを行っていますが,万が一使用できない場合は下記お問い合わせ先へご連絡ください。
  • 本品の仕様,外観やパッケージは,予告なく変更することがございます。
  • 本品を使用したことによって発生した,いかなる損害については責任を負いかねます。

販売場所

現在,本品はBOOTHのGuri-Techのストアのみで販売しております。

 

guri-tech.booth.pm

 

大量購入等をご希望の場合は,下記お問い合わせ先までお問い合わせください。

お問い合わせ先

  • BOOTHのメッセージ機能
  • Twitterのダイレクトメッセージ: @zgtk_guri
  • メール: guriあっとまーくguri-tech.net